コラム

Raspberri PiとArduinoの商標で注意したいこと

理事長の吉政が「Raspberri PiとArduinoの商標で注意したいこと」を日本語でコラムにしました。(英語で読めばいいのですが、分かりにくいことってないですか?まるっと理解されたい方はご覧ください)

間違っている点がありましたら、随時修正しますので、申し付けてください。

#

OSSという言葉は今更説明する必要はないかもしれません。OSSはOpen Source Softwareであり、プログラムの設計図と言われるソースが公開されているので、自由に改変ができるという理解でざっくり良いと思います。しかし、OSSのカテゴリの中に様々なライセンスがあり、改変したもの追加したものを必ずソース公開しなければいけないルールのものもありますし、公開しなくてもよいものもあります。それぞれのOSSの著作権者や管理団体がそのOSSにあったライセンスを採用しています。つまり、OSSのカテゴリの中のすべてが、完全自由のOSSではないということなのです。

一方でオープンソースハードウェアというカテゴリもあり、これ馳け傷が公開されたハードウェアということです。代表するオープンソースハードウェア中にRaspberri PiとArduinoというものがあります。今回たまたま、この二つの商標について触れることがあったので、簡単に紹介してみます。

(興味があるかたはご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/09/raspberri-pi-arduino/

関連記事一覧