コラム

【海外Arduinoコラム】LoRaで防犯カメラは侵入者データを検出して送信する

こんにちは。本日も、Arduinoに関する海外コラムをご紹介します。

原文でご覧になりたい方は下記URLをご参照ください。

防犯カメラは盗難や破壊行為の防止に最適な方法ですが、カメラがWi-Fiの圏外にある場合や、写真を送信するために長いケーブルが必要な場合にはどうなりますか?ここで説明されているように、潜在的な問題が発生したときにアラームを鳴らすために、LoRaを接続すると共に、動いている物体を認識するためのニューラルネットワーク処理を利用した興味深い解決策をTegwyn Twmffatが公開しました。

ラズベリーパイとカメラによって撮影された画像の識別のために、Intel Movidius Neural Compute Stickを利用して処理します。たとえば、人間が興味を引くものであれば、比較的少量のデータがMKR WAN 1300ベースステーションに送信され、人が近づくにつれてビープ音が速くなります。 

次の動画でわかる通り、人が近づくとビープ音を発しますが、「テスト犬」については適切に無視することができています! 

関連記事一覧