コラム

【海外Arduinoコラム】猫は髭で何を感じているのか?ひげ風スタイルの感覚拡張で猫の世界を体験

こんにちは。本日も、Arduinoに関する海外コラムをご紹介します。

原文でご覧になりたい方は下記URLをご参照ください。

あなたに猫の髭のようなものがついていたらどうなるでしょうか。明らかに、周りからは奇妙なものを見るような目で見られると思います。その一方で、あなたはこの髭の構造と髭に伝わる力によって、近くにあるものを感知することができるようになるでしょう。

それがどういった概念によるものなのかを探求するために、Chris Hillは感覚増強のためのウィスカーアセンブリを作成しました。私たち人間が持っていない硬い毛の代わりに、フレックスセンサーを利用しています。

ここで使用されている4つのセンサーは、曲がったときの抵抗を変化させ、ウェアラブルデバイスを制御するArduino Unoにそのステータスに関する情報を送信します。額に取り付けられた振動モーターは、その伝わった情報の内容に応じてPWMを出力してパルス化され、ユーザーは周囲の環境で何が起こっているのかを感じることができます。

これがよく知られていたら、Hillはこのプロジェクトの基礎としてニコラス・ゴニアウィスカー感覚拡張ウェアラブルを信用する方が早いです。彼は、自分なりの物の見方や考え方によってオリジナルを改善し、より軽く、より費用対効果が出て、そして組み立てやすいものになることを望んでいます。

このプロジェクトの目的は、自然界の拡張されたセンシングを可能にする、斬新で計算機能が強化された「感覚拡張」の作成に焦点を合わせることでした。このプロジェクトでの私の主な努力は、センサーを通して感覚を広げ、ユーザーのための触覚的な出力で反応する感覚増強の製作と実施に向けられました。その目的は、誰もが自分自身の感覚的拡張を作り、それによって人間や動物の本質的な感覚をハードウェアにマッピングできるようにすることです。新しい刺激的な方法で私たちの感覚を効果的に拡張することで、私たちの脳が新しい外部感覚にどのように適応できるかを、よりよく理解することができます。

関連記事一覧