コラム

【海外Arduinoコラム】Amazonエンジニアが作る、猫の「贈り物」を外に置いておくためのAI駆動のフラップ

こんにちは。本日も、Arduinoに関する海外コラムをご紹介します。

原文でご覧になりたい方は下記URLをご参照ください。

AmazonのシニアプロダクトマネージャであるBen Hammは、Metricという名前の猫を飼っています。この愛らしい猫の友人は、Hammのアパートに侵入するネズミの駆除をしていますが、外に出た時にも狩猟スキル発揮して、10日に1回は家に獲物を持ち帰っています。

この状況に対処するために、HammはAmazon DeepLensカメラを使用して猫を探し出し、23,000以上の画像でトレーニングされた機械学習アルゴリズムに基づいて、猫が何か余分なものを運んでいないかを調べられるようにしました。


猫が獲物を運んでいた場合、Arduinoが搭載された鍵によって、15分間、猫が家に入れないようにします。その間に、システムはHammに写真とテキストを送信します。

その後、「遺族への慰謝料」をナショナルオーデュボン協会に寄付していると彼はプレゼンテーションで説明していました。

この仕組みは、現在はMetricのみにしか対応していませんが、同じ問題を抱える人がいるなら、より多くの猫のデータで一般化することは可能です。

関連記事一覧